Freewheeling

わたしのまわりのダンスのこと、アートのこと、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ハチミツ

こちらで仲良くなった友だちのおじさんがハチミツをつくっている方で、できたてのハチミツを頂きました。
ミュンスターではとても有名な養蜂の方だそうです。

もったいなくて開けられない。。。

その方の名前入りの貴重なハチミツ。

IMG_1788_convert_20111031000849.jpg]

ありがとうございます!

スポンサーサイト
  1. 2011/10/31(月) 00:11:20|
  2. 感謝です!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

黒澤 明「夢」

お恥ずかしい話、初黒澤映画鑑賞です。

大関さんに誘っていただき、日曜日の朝、観に行ってきました。

すんごく面白かったー!!!

劇場の舞台リハの時、私はビデオを撮る係をやっている事があるのですが、客席のいちばん後ろでビデオを撮る私を見て、振付家のダニエルさんが、「なんかアキラ クロサワみたいだねー」と。
こちらでも黒澤明監督と村上春樹さんは有名ですね。

時代ものが多く、構えて観なくちゃいけないと(私の勝手な印象)思っていたのですが、こんな創造性のある映画もつくっていたのですね。
黒澤ファンになりそうです。

そして今日の映画の内容、今の時代に見るべき映画だなあと。
黒澤監督、未来が見えてたのかも…。(笑)

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/30(日) 23:59:19|
  2. 感動!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

El galpon

IMG_1741_convert_20111025052956.jpg
プルミエが無事に終わりました。
みーやんがオーディションかえりにミュンスターに寄ってくれて、いっしょに公演をみたー!!
いろんな意味でかなりびっくりしてたね、みーやん(笑)

私はリハから加わり、舞台通しもすでに10回以上観ているので、本番はなぜか客観的には作品をみることができなかったし、すごく不思議な気持ちで客席から観てました。

当日の座席が一番前端のはんぶん舞台に載ってるところであまりにもダンサーと近く、振付けも全部覚えてるし、ユニゾンになるとなんかお尻が上がっちゃいそうで、一緒に動いちゃうんじゃんないかとあぶないあぶない(笑)

当日は満席で、観にきてたお客さんもこの作品でこのメンバーが最後だってことは知っている。
だから最後のカーテンコールの時の温かい拍手ははんぱなくすごかった。
ずーっと、ずーっと、拍手と足をならしてダンサーとダニエル、スタッフをたたえてた。
拍手が、「おつかれさま、本当におつかれさま」って聞こえた。
さすがにその雰囲気には涙が流れてしまいました。
作品の内容うんぬんはとにかくいいや。もっとテクニックが必要なんじゃない?という人もいるけれど、このカンパニーはあのダンサーのひとたちがいるからこそ作品ができあがる。ダニエルだけじゃ絶対に成り立たないから。
本番だけみると、そうゆう過程はわからないけれど、創作の過程すべてをみるとはっきりとわかった。
あのダンサーたちがいてはじめてあの作品があるんだと。それを学べただけで私はじゅうぶん。
IMG_1642_convert_20111025053057.jpg

IMG_1601_convert_20111025052712.jpg

すんごく動けても、創作ができないとこのカンパニーではむづかしい。

ともかく、舞台空間もほんと素敵でした。
これがまだ装置が無い状態。
IMG_1433_convert_20111025052336.jpg
んで、装置がつくと…
IMG_1472_convert_20111025052551.jpg

このEl galponというタイトルはブエノスアイレスにある街の名前。
そのこ人たちの生き方、音楽、生活と来シーズンに対するプロテストを重ねて創っている作品。
作品の内容うんぬんは観ないとわからないしー、賛否両論だとおもうし。
とにかく、今回は1つの作品を作り上げる過程を今回はずっとそばで見て、一緒に動いて、この劇場で学ぶ事ができて本当によかったな、と思いながら本番を観てました。

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/25(火) 05:49:44|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

デュッセルとケルン

日本人なんだから、絶対に行かなきゃ!!っとドイツ人に言われてデュッセルのジャパンフェスに。
花火が最高だよとみんな口をそろえて言う。
ドイツ人のアニメファンがコスプレして街を歩いてる。
不思議な光景です。。。。。

見ましたよ。ひとりで(笑)
隅田川の花火のドイツバージョン。ダンサーの人たちも来てたみたいだけど、あまりの人の多さに合流できず。
本当に素晴らしかった。
日本の花火師さんがわざわざ来て、打ち上げてるそうです。花火師って素敵なお仕事だなあと。

ドイツでは学生は州内であれば交通費がタダ。
同伴者も1人までタダ。
そんなデュッセル在住のドイツ人がケルンを案内してくれました。
ドイツの人たちはみんな自分の土地を愛してる。
彼が言うには、デュッセルとケルンの人は中が悪いみたい(いい意味で)
カーニバルの時期はお互いが1番だと思ってるし、ビールも自分たちの地ビールがいちばんだと思ってるらしい。
もちろんサッカーも。
地元の人と触れ合って、いろいろ話を聞くとびっくりする事がたくさん。
ドイツ人の心の温かさには感謝感謝です。
まだ来て1ヶ月ちょっとだけど、いろんな人と知り合って話を聞いて、すばらしい経験になってる。
いい意味でとか悪いいみでとかじゃなくて、自分の価値観も少し変わった気がする。


チョコレートミュージアムでチョコレートをもらっているちびっこ。
絵に描いたように可愛かった(笑)
IMG_1571_convert_20111017233216.jpg

IMG_1572_convert_20111017233304.jpg

IMG_1573_convert_20111017233359.jpg

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/17(月) 23:39:54|
  2. マイライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ドイツの食卓

22日に新作のプルミエがあります。
なので、いまは劇場のスケジュールがちょっと違うのです。
午前中は10時から14時まで、そのあと時間があいて19時から23時まで。
みんなクタクタになってる。風邪もはやってるし。
そしてやっぱりみんなの風邪がちょっとうつった。。。
IMG_1478_convert_20111017231737.jpg

日本の食卓ではありません。
大関家の食卓です。久しぶりの日本食!!!!!しかもちょー美味しい。
お肉系をいっさい使わないヘルシーなごはん。
大関さん、ミュンスターでお店開けますよ!!!(笑)
さすがにご飯2杯食べた後のバレエのクラスはきつかった…(汗)
大関さんごちそうさまでした!!!

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/17(月) 23:19:22|
  2. マイライフ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

フォーサイスとローザス

連続で2つの公演観にってきました。

1日目はちょーあこがれのフォーサイスの公演。
安藤さんと島地さんも出演されてた。かっこ良かったー!!
フォーサイスのダンサーはテクニックが半端なくすごい。
そして何よりも会場にびっくり。
IMG_1435_convert_20111013014646.jpg

昔の工場だった所を改装して公演、コンサート、展示会などをしてるそうです。
舞台の奥行きが50メートルはある!
はるかむこうーのほうからダンサーが出てくる。大変そう。
IMG_1443_convert_20111013014542.jpg

環境問題をこうゆう風に提示するんだ、とあらためてフォーサイスマジックにびっくりです。
鉄筋をそのまま残して、改装してるから味があってまた素敵。
IMG_1445_convert_20111013014743.jpg

でもちょっと広すぎて場所があまってる(笑)


ローザスは1984年に初演だったElena's Aria
IMG_1465_convert_20111013015304.jpg

休憩なしの2時間。本人も2時間ずっと出演されてた。もう60歳をすぎているのでは…
熟練ダンサー5人。日本人の池田さんも素敵だった。
27年前の作品。そう考えると、かなり斬新ですごいな、と。

キム、そんなに怒らないで(笑)
そしてまたまた会場にびっくり。
ここも以前は炭坑だった場所を改装。
IMG_1458_convert_20111013014845.jpg

廊下には鏡と石けんが一定の距離で置いてある。
IMG_1459_convert_20111013014933.jpg

IMG_1461_convert_20111013015113.jpg

「ここ(廊下)はシャワー室、作業場は舞台と客席があるところ。みんな炭坑で作業して全身が真っ黒になるから、ここでシャワーを浴びて帰るんだ。」と教えてくれた。
なるほどー。
石けんと鏡をそのまま残してある感じがまた素晴らしい。アートです。

なんだか軍艦島を思い出した。



テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/13(木) 02:00:10|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

MARK SIECZKAREK COMPANY

IMG_1408_convert_20111008053057.jpg
大関さんが所属しているカンパニー。マークさんの作品プルミエに1日同行させて頂きました。
去年、私がいまの劇場を見学しに行ったとき、ちょうど彼の作品のリハーサルをしていました。
1年ぶりだ。

今回は女性1人と男性3人のメンバー。

空間にかかっている和紙には押し花がたくさん。
なんとマークさんの手作り!!!
3ヶ月くらいかかったとか…
すごい…
近くでみると本当に丁寧につくられているのがわかる。
IMG_1393_convert_20111008052743.jpg

日本の着物をもとにイメージしたという衣装。
IMG_1416_convert_20111008052834.jpg


IMG_1419_convert_20111008052922.jpg

抽象的で流れるような振付け、2人の東洋人のダンサー、ジャパニーズモダンな衣装、日本のモダンダンスに近い部分もあるなあと、なんだか懐かしい気持ちになりました。何よりも作者本人の手作りの装置でとても温かい作品でした。
もしこの作品を振付けたのが日本人だったら、古くさいモダンダンスとかブウブウ言う人がいるんだろうな。
何でも斬新で新しくなくちゃいけない事なんてないんだと、改めて実感しました。

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/08(土) 05:40:56|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

練習のこと

IMG_1383_convert_20111006052610.jpg
最近は舞台での練習がほとんど。
本番と同じ舞台でリハをしながら作品を創るなんて日本に比べたら贅沢だなー。と思いながら見てます(笑)
ダニエル(振付家)の作品はダンサーが8割振りを考える。
月曜から土曜まで午前中はバレエかコンテのレッスン。
午後は振付けか創作タイム。
そう、最初はびっくりしました。

一通りリハが終わるとダンサーたちが何やら各自で創作してる。。。
何してるの?って聞くと、「あした発表だからつくってる」
ん?
新作の振付けが始まると、ダニエルはダンサーにいくつかの作品のテーマ、言葉を与える。
ダンサーはその中から自分でチョイスしてイメージした小品をダニエルに見せる。
週に1、2回はその“ショウタイム”があってみんなで見せあう。
でもそのムーブメントに曲をつけて、作品にはめ込むダニエルの才能はやっぱすごい。
ハイセンスです。
決してハイテクニックのあるダンサーが集まったカンパニーではないのですが、みんな強烈な個性を持っていて、
なんと言っても自分で創作し、小品をつくることができる。
おなじテーマからいろいろな角度のムーブメントが出来上がる。
おもしろい!!!

アリーチェが黒い大きなコートをダンサーに棒で吊るしてもらい、その周りで踊ってた。
昼休みに、「とっても素敵な作品だけど、誰を思っているの?恋人?(アントニオ?(笑))」
「違うの、あれはダニエルなの。来年わたしたちはバラバラになり、ダニエルもこの劇場を去っていくから」
ハンバーグを食べながら聞いた質問に、涙が止まらなくなった。
別のダンサーが、「ハナコ、どうしたの?日本が恋しいの?」
ぜんぜんちがいまーす。ホームシックになんてなってませーんよー。
  1. 2011/10/06(木) 05:27:32|
  2. 感じたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

カンパニーメンバー

集合写真。
今月の下旬から始まる新作リハの真っ只中。
みんなとても温かく接してくれる。
まだまだドイツ語しゃべれないから、振付家の言った事が理解できない時はそっと英語で教えてくれる。

でも来シーズンから劇場の芸術監督が変わることが決まり、振付家、スタッフ、もちろんダンサー全員が解雇される。
涙を流しながらミーティングしてるときもある。
このメンバーは今シーズンで最後。
残るにしても、一般オーディションを他の応募者と一緒にもう一度受け直さなければならない。
こちらではトップの芸術監督がかわると、総入れ換えなのはよくあること。
でもなんかさみしいな。
振付家のダニエルさんは19年以上ここで作品を作ってきた。
最年長のアリーチェは14年間カンパニーに在籍し、ダニエルさんの作品を20作品以上踊ってきた。
みんな来年はバラバラに新しい道をすすんでく。
公務員として働いているのだからしょうがないことだけれど、やっぱりなんだかさみしい。
IMG_1284_convert_20111002050419.jpg
IMG_1283_convert_20111002050843.jpg

このカンパニーメンバーと最後の1年を過ごせる事、ダニエルさんの最後の作品過程に関われること、とても貴重な経験だなあ。
はい、しっかりヨシキさんもうつってます(笑)




テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2011/10/02(日) 05:10:49|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3

プロフィール

山口華子

Author:山口華子
HANAKO YAMAGUCHI
スイスでの生活を中心に、思いついたら書いて行きまーす。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
お知らせ!! (5)
感じたこと (6)
感動!! (20)
感謝です! (7)
残念なこと (6)
仕事のこと (5)
旅です! (1)
マイライフ (49)
新年 (1)
ダンス (128)
人と (1)
出会い (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。