Freewheeling

わたしのまわりのダンスのこと、アートのこと、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

オブセッション

pic_obsession.jpg
お恥ずかしながら、今回初めて勅使川原さんの作品を生で拝見しました。
いつも観たいけどなかなか時間がとれなかったけれど、
「仕事休んでいいから行って来なさい!」と社長から一言。
なんてありがたいお言葉。。。

2日前に電話で予約したらS席もA席も2席くらいずつしか残っていないと言われ、
やっぱすごいわ…と泣く泣く2階席の一番はじっこを購入したのに、
行ったらびっくり。
2階席の両サイドが6人くらいずつ座っているだけで、あとはぜ~んぶガラガラ。
信じられない!!
スポンサーが買い占めて観に来ないパターンですか!?
作者にも観客にも失礼ですね。

作品は…とても勉強になりました!
照明の光と影を知り尽くした魔術師のような勅使川原さん。
1時間ほとんど踊りっぱなしで、ダンサーとしての勅使川原さんも拝見できた。
ただずっと同じパターンの動きだから途中でちょびっと疲れちゃった。
スポンサーサイト
  1. 2010/05/28(金) 23:42:55|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

中学校ダンス必修化!

知り合いから日経新聞の記事を渡された。

2012年から中学校のダンスの授業が必修科目になる!!!
文部科学省のサイトによれば、
「武道及びダンスについてはこれまで選択であったが、新たに必修となったことから、武道とダンスの指導者・施設・設備の確保が必要となってくる。そのためには、学校単独で確保することのみならず、地域の資源を有効活用する必要がある。たとえば、地域の指導者の活用などにより、生徒により高い技術的指導をすることができると同時に教員の指導力を向上させることができる。地域の武道場などを活用することで、学校に武道場がない場合にも効果的な指導が行うことができる。さらに、各都道府県が全国連絡協議会等で実施校における取組について情報交換を行い、一層の成果の普及をはかる必要がある。」

なんて素敵な文章なんでしょう(笑)

うれしいですね!!
ダンス、武道必修化によって地域の関わりも密になり、芸術文化の発展にもつながる。
ダンス経験のない先生方は多忙な中、本当に大変だと思われますが、何よりも創作ダンスが必修化の対象になるということがうれしすぎます。

創作ダンスでは形にとらわれず自由にイメージを構成して表現する楽しさを味わえる。個々の生徒さんの運動能力に適した指導で、得意分野を伸ばすことができ、仲間と協力して作品をつくる活動を通して仲間への思いやりの心、お互いを認め合う態度を育てられる。スキンシップの大切さも。


学校関係者のみなさま、ぜひぜひお手伝いさせてください!!

テーマ:こんな事がありました! - ジャンル:ブログ

  1. 2010/05/21(金) 15:43:48|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

芸術の死

最近またヤンの本を何冊か購入し、読みあさっていたら、強烈な衝撃をもらいました。
その中でとくに共感した文章を、長いとわかっているのに載せてしまいました。
ぜひよんでみてください。

芸術の死について
(略)…ここで話す芸術の「死」は、私を育んだ、私の興味を引く、私が実行しつつある芸術の死です。
現代の芸術で私が批判するのは「芸術の市場」に従っていることです。現代の芸術は体験を源としないので、もう創作ではありません。今日、作品を作るための刺激はアイデアだけに限られています。現代の芸術は、新しいアイデアを次から次へ捻出することばかりに腐心しています。しかし、芸術的作品を作る理由として、アイデアだけでは充分ではありません。アイデアはコマーシャル(宣伝)の領分です。そのため現代の芸術は、芸術を売る為の宣伝だけになってしまいました。創作の主点は芸術から自己愛的な芸術家へと移り変わりました。芸術家は芸術の市場で自分を売る売春婦となってしまいました。この事実が私の言うところの芸術の絶滅です。このような芸術は、勿論社会の発展にとってまったく価値のないものであり、洗剤や化粧品と同じような品物です、このような芸術の価値はお金に換算して決められます。上記の理由で、いつも私が行っていることに関して言及するときは、「芸術」という言葉をできるだけ取り除いて、「創作」という言葉を使います、「創作」の方が、私が行っている事を明確に表現し、「芸術」という言葉みたいに、軽蔑的な意味を含んでいません。勿論私がやっているような創作の類は人々に伝えにくいものです。芸術の市場の作品みたいに、誇大で大げさな道具をつかうようなことは、創作の思想に反するので、重要なことが観客に伝わらない事がよくあります。
しかし、作品が感性的い観客を追い越して、自分が理解されるまで待たなければならないという事実はいつも真正な創作の運命です。あわただしい現代ではこのような「おくれた機能」は恐らく作動しなくなってきているでしょう。絶え間なく自分を驚かせてくれるような最新のトリックを追い求める、浅薄な観客の欲望は、熟考するための真正な体験に存在の場をあまり与えません。

評論とは言えない現代の評論家の評論は宣伝効果しか持たなくなってきています。
現在の評論は、真正で浅薄でない分析をするには知識も力も足りなくなってきています。
そのため真の創作は全体主義の時代と同じように、再び地下へ身をかくし、奥義に達した少数の者によって拝まれるようになってしまう恐れがあります。今回、こうした事態を引き起こすのは政府による抑圧ではなく社会の無関心です。…(略)現代文明は科学技術のあわただしい発展をとおして人の感覚を堕落させています。視覚は商業映画、テレビ、コマーシャルによって台無しにされ、聴覚は文明とポップミュージックのバンドの騒音によって衰え、嗅覚はほとんど退化し、味覚はハンバーガーによって破壊され、触覚は単純な肉体労働か、電子機器のボタンを押す為だけに使われています。これらの理由から、私の触覚的創作が反抗行為に他ならないと理解して頂く必要があります。…

                                     2006年9月 J.S

長くなってしまいました。読んでくださりありがとうございます。
私にとってこの文章は共感とともに大きな衝撃であり、わかってはいるけれど、ここまで明確に文章として表現する彼はやっぱり神的な存在だと実感しました。
やっぱすごいわ。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2010/05/18(火) 23:30:03|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春祭り

先月24日にスタジオで春祭りが催されました!
私は伺えませんでしたが、大盛会だったようで、保護者の方から送っていただいた写真をアップします!

しかし、こんなにも保護者の方々が一生懸命盛り上げてくださるスタジオは無いですね。
スタジオの子達もいきいきしてる。感謝感謝です。
保護者方々が企画して年に数回開いてくださる会は、発表会やコンクールとはまた違って子供たちのとっても大切な思い出になる。

ありがとうございました!!
harumaturi 1
harumaturi2.jpg
harumaturi 3

ところで、発表会の準備がはじまりました。
今年はバレエでオーロラの結婚をやります。
私は赤ずきんの場面を振付担当です。
オーロラは同期のみ~やんが踊ってくれます。私が踊ったら吉本風になってしまうから絶対に踊ってはいけません(笑)
私は…オオカミやります!!
振付のときは至福の時間が流れます。
赤ずきんちゃんがかわいくてとろけちゃいそうです。
オオカミに食べられちゃうぞ~!!って言った時の本気の悲しそうな顔。
(あぁ~、しまった…。まだ幼稚園だった。。)
大丈夫、大丈夫オオカミはみんなを食べたりしないよ。
ってストーリーを勝手に変えてしまった。

  1. 2010/05/02(日) 15:15:48|
  2. お知らせ!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

山口華子

Author:山口華子
HANAKO YAMAGUCHI
スイスでの生活を中心に、思いついたら書いて行きまーす。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
お知らせ!! (5)
感じたこと (6)
感動!! (20)
感謝です! (7)
残念なこと (6)
仕事のこと (5)
旅です! (1)
マイライフ (49)
新年 (1)
ダンス (128)
人と (1)
出会い (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。