Freewheeling

わたしのまわりのダンスのこと、アートのこと、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お願いします!!!

2~3週間ほど前、
ケータイのメールが思うようにうてなくて、
ときどき動かなくなって、
でも時間がなくて、修理に出しにいけなくて、
そのままにしていたら…
画面がパッとまっ白に!?
急いでショップに持って行ったけれど、
ご臨終でした。。。。

アドレスもメールも画像も
データがぜんぶ消えちゃいました(涙)(涙)

バックアップとかセンターお預かりとか、
何もしていなかったのです。

ほんとに大バカだ。

よくケータイの扱い方が乱暴だね、って言われるけれど。
ケータイさん、ごめんなさい。
反省するので、データを返してください。

とりあえず、メールをくれた友達に頼んで近い関係の人のは教えてもらったけれど、
アドレスが以前の8分の1に…

どうか私のアドレスを知っている方、
どうぞ遠慮なくケータイにメールを下さい
お願いします!!!

スポンサーサイト
  1. 2009/05/28(木) 22:59:33|
  2. 残念なこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

“チンモクヲヤブル”

image_top_convert_20090523232025.jpg
最近は一ヶ所でしかやらないような映画にはまってる。
ポレポレ東中野はいい映画ばっかりやってる。
なんでもっと全国ロードショーにしないんだぁ~!!

今回のはイスラエルとパレスチナについての映画。
元イスラエル兵たちがパレスチナ人に行っている非人道的な行為(事実)を語るドキュメンタリー。
実際に元イスラエルで作られた「沈黙を破る」メンバーが今も活動しているそうです。

イスラエルとパレスチナ問題にはとても興味があって、初めて東京新聞の創作コンで創った「checkpoint syndrome(検問所症候群)」もこの問題をどうしても作品にしたくてたくさん勉強して創ったけれど、今みると幼い作品で恥ずかしい(笑)

映画の中で、
“他人の過ちを見て学べ”
“この問題を解決するにはとにかく話し合いしかない”

言ってたけれど、「雪の下の炎でも」同じ事を言っていた気がします。
  1. 2009/05/23(土) 23:38:09|
  2. 感動!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

松山奨励賞

この度、本間が(財)松山バレエ団より松山奨励賞を頂きました。
この賞を頂けたのも、日頃より皆様の温かな支えがあっての事と感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございました。

逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・001_convert_20090523225350
逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・003_convert_20090523225509
森下洋子先生と清水哲太郎先生。
お二人を近くで拝見できただけですごいです。

そして、そして高円宮久子妃殿下も御臨席くださいました。
失礼があってはいけないので文章にはしません。
こんな貴重な経験はすごすぎます。

スタジオのみなさんも駆けつけてくださいました。
ありがとうございます。

去年は公先生、利子先生が松山大賞を受賞されてお祝いに駆けつけました。
気がついたら去年と同じ席に座っていた自分。
1年はほんとうにあっというま。
去年の授賞式もまるでついこの間のよう。
あの時の公先生と利子先生もとってもうれしそうでした。

  1. 2009/05/23(土) 23:17:24|
  2. お知らせ!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪の下の炎

flyer400_560.jpeg
わたしのカラダとココロ(笑)の治療をしてくださっている整体治療の曲尾先生(先生の治療室はJR高田馬場駅より徒歩2分!!のところにあります。すごくいいですよ!!ケガとか痛めた部分とか何でも治していただけるし、とくにダンサーの方にオススメです♪←自信をもって宣伝)にチケットを譲っていただき観に行ってきました。
先生ありがとうございました~

う~ん。
途中でつらくて目を覆いたくなるような場面があって。
33年間も無実の罪で投獄され、毎日のように拷問をうけていたチベット僧パルデン・ギャツォさんのドキュメンタリー。
33年間。

チベット問題はとてもとても難しい問題の一つだから、軽々と考えを口には出せない。
けど、同じ人間なのに、どうしてこんな事ができるんだろう。
どうしても理解できない。

パルデンさんの心の強さ、まっすぐな意思、信仰心に心から涙しました。

自分にいまなにができるのか、何をすべきなのか。改めて考えさせられました。
世界中のひとがこの映画を観て考えてくれたらいいのに。



  1. 2009/05/12(火) 12:49:09|
  2. 感動!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「俺は、君のためにこそ死ににいく」

 orekimi09karitirasi1_convert_20090503004035.jpg

ゴウさんのお兄さん(仁さん)が出演されている、石原慎太郎原作の「俺は、君のためにこそ死ににいく」を新宿の紀伊国屋サザンシアターに観にいきました。

 太平洋戦争末期に鹿児島県知覧飛行場から飛び立つ特攻隊員たちと、彼らから母と慕われた食堂の女将、鳥濱トメさんとの交流を通して、かつて日本人が持っていた心情に迫る作品で昨夏に靖国神社でも公演されました。

もう涙が出っぱなし。
仁さんは特攻部隊の隊長というかなり重要な役でした!!
すごいです。演技もすごいです。

お芝居はセリフという言葉のメッセージがあるからダンスよりさらに強烈に明確に表現が心に訴えかける。
その上、実話だからもう悲しくて悲しくて。
満席でしたが、私の周りのご高齢の観客の方々はご自分の体験と重ね合わせているのでしょうか、ずっと泣いている方もいらっしゃいました。
わたし達現代っ子にぜひぜひ観てもらいたい作品でした。

一緒に旅立つ仲間たちが出発前に「靖国の入って右から3番目の桜の木の下で待ち合わせよう」と言って役目を果たすのですが、このセリフがとても深くて切なくて頭から離れない。
考えれば考えるほど耐えられないです。

すばらしいお芝居をありがとうございました。

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2009/05/03(日) 00:57:03|
  2. 感動!!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神戸からただいまです!!

先週の金曜日、職場から最終の新幹線で神戸へ☆

今回はゆみえちゃんはソロ、私の創作でみほこが一緒に。
各親子で計6人の旅でした。

結果は…
惨敗。
またがんばります!!(笑)

でも今回はなにより、ゆ~ちゃん、み~ちゃんと久しぶりにおバカな事をたくさんして、帰りの日は久々に各親子水入らずで神戸をぷらっと。
交通費かけてコンクールに参加して惨敗したのにこんな発言は不謹慎ですが、親子3組かなり楽しんでしまいました(笑)

逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・017_convert_20090503001245
新神戸から出ている布引ロープウェーに乗りました!!
ロープウェーからみたなんとか滝☆
逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・049_convert_20090503001630
頂上のハーブ園はチューリップがさいてましたぁ。
逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・041_convert_20090503001447
ラベンダーアイスから見た神戸の景色(笑)

逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・046_convert_20090503001801
たまにはこうゆうゆっくりした時間もいいです。
逾樊虻縺ィ縺九>繧阪>繧・035_convert_20090503002002


テーマ:伝えたいこと - ジャンル:日記

  1. 2009/05/03(日) 00:34:10|
  2. ダンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

山口華子

Author:山口華子
HANAKO YAMAGUCHI
スイスでの生活を中心に、思いついたら書いて行きまーす。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
お知らせ!! (5)
感じたこと (6)
感動!! (20)
感謝です! (7)
残念なこと (6)
仕事のこと (5)
旅です! (1)
マイライフ (49)
新年 (1)
ダンス (128)
人と (1)
出会い (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。