Freewheeling

わたしのまわりのダンスのこと、アートのこと、いろいろ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

本間祥公舞踊45周年公演 感謝のきもち

公演が終わりました!!!!
この度は、ご来場くださいましたお客様をはじめ、ゲストの方々、スタッフの方々、カンパニーの方々、保護者の方々、本当にありがとうございました!!!!!!!!
去年の8月頃、母から「来年の11月にメルパルクをおさえた!」と聞かされ、まだまだとうぶん先のこと…と思っていたのに、あっという間の1年半でした。
今回は、ダンサーとしてだけでなく、構成、演出、チラシやプログラムの製作といった裏側の部分も、クリエイターの方々のお仕事をみながら、お手伝いができ、本当に勉強になることがいっぱいでした。
大きな舞台を1つ創ることはこんなに大変なのかっ!!!!と本当にびっくりの連続でした。
わたしも限られた時間の中、創作にも挑戦し、なかなか理想としている作品を創る事が出来ず、ストレスがたまるたまる。ダンサーの方にはご迷惑をたくさんかけてしまいました。すみません。
たくさんの方々に支えられてダンサー、作者としての自分があるんだなとみなさまに感謝の気持ちでいっぱいです。
○○○合宿が終わり、ここ2週間、目が回るほどいろいろなハプニングがあり、これは神様から母(本間)への試練なんだなと思うほどで、自分の隣で藪をかき分け、かき分けひたすら前だけを向いて進んでいる母をみながら、ひとつの舞台を創りあげる、ダンサーであり、指導者であり、作者であり、責任者であることはこんなにも重く大変なことなのだと、息が詰まるほどでした。
でもあれほどヒマラヤを楽しみにしていらした公先生が本番会場にいらっしゃれなかった事は本当に悲しいことです。


公演にむかって私たちダンサーの気持ちがひとつになること
カンパニーダンサーの気持に温度差がないこと
みんなでたくさん話し合いをすること
人との出会いを大切にすること


この4つ
あたり前のことだけど、大きな舞台を成功させるために本当に必要なこと。
今回、身をもって体感しました

みんなダンスが好きだから、舞台を成功させたいから、
考え方はひとそれぞれ、衝突したり、バラバラになったり、いろいろあるけれど、大切にしなきゃいけないことを忘れなければ、人任せの冷めた気持にさえならなければ、いつでもまたひとつになれる。

すばらしいゲストの方々に囲まれ、幸せいっぱいです。
皆様、本当にありがとうございました。


am2時半のみなさん 打ち上げで~す!!
左がわのゆみちゃん先生、長谷川さん、私の幼稚園からの恩師のお二人です
いつもありがとうございます♪
逕サ蜒・001_convert_20081125191447shou
時田先生…
逕サ蜒・003_convert_20081125191604shou
スポンサーサイト

テーマ:伝えたいこと - ジャンル:ブログ

  1. 2008/11/25(火) 19:38:11|
  2. 感謝です!
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

モダンダンスとコンテンポラリーダンス

24日の公演、わたしたち出演者は本間のヒマラヤを観れないので、今日藤井先生のスタジオに行って練習リハをみてきました。公先生はちょっと体調を崩されていたので、利子先生とわたし達だけで。
久しぶりに本間の真剣な踊りをみました。(年齢もあるので最近は本番しかチカラを出さないのです。)30年前の作品でも、やっぱりすごいです。
いまこんな作品創れる振付家はなかなかいないだろうし、わたし達の世代のダンサーでこの45分のテクニックてんこ盛り作品を(今回は25分に縮小)集中して踊り続けられるダンサーもわたしはいまのところあまり想像がつかないです。
自分がすごく小さい存在に感じました。

今日みて、わたしは自分自身が藤井先生が大好きで、モダンダンスが好きで、これから自分がどんなダンスを踊って、創っていくべきなのかをあらためて実感できた気がします。

でも、モダンダンスってことばや動きそのものが古くさいイメージだからでしょうか??
最近はモダンダンスじゃなくてコンテをやってるって言う人が多い気がします。

以前に藤井にいた方とわたしの友だちが話していた会話。
友だち:「モダンダンスの○○さん知ってる??」
藤井にいた方:「わたしコンテの人間だからモダンのことはわからないの…」
なんじゃそりゃ!?
藤井でお世話になっていたのに、自分をコンテの人間とかいって勝手に区切りってしまうとは…
何でそんなにモダンを嫌うのですか。

たしかにコンテと言われる動きはカッコイイし、最新な感じがするけど、「感動」ということばとは遠いような。。。もちろん全部ではないけど、ダンサーのカラダづくりができていないナマのカラダの人の動きは…
観客の人もほんとに感動してすごい!!って思って劇場を出るのかな…
きちんと基礎のカラダづくりができているダンサーの方のコンテは本当にすごいなぁって思うし、とっても憧れます。

特に最近の評論家の方の中には、最近はコンテを絶賛してモダンダンスを古くさい感じでぜんぜん取り扱わない人や、昔のいい作品を全く知らないのに、今の作品だけを観て好みで自由に評価する方も多いけど、はたして芸術性の高さを何で見極めてるのかな。
会場の座席の位置が気に入らないだけで、ずたずたに批評を書く方もいるんです!
作者もダンサーも一生懸命なのでせめて作品だけでも純粋に評価してください。
メディアも最近のコンテの作品を取り扱うばかりで、どうしたら昔のよい作品をもっと多くの人に観てもらえるんでしょう。

話は戻りますが、たしかにモダンダンスって古くさいイメージだし、わたしも自分自身でそう思うことがあります。何を言いたかったかというと、芸術性の高さの基準がわからないのです。
大学でさんざん学んだはずなのに恥ずかしいばかりです。

結局、いい作品にはモダンやコンテなんていう区切りは関係ないってこと!!

でもわたしが、もっとも尊敬している振付家は言うまでもなく藤井先生、NDTのキリアン、SCAPINOのエド・ウベ、フォーサイス、マッツエック…
こんな勝手なわたしを許してください!

テーマ:なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル:日記

  1. 2008/11/16(日) 00:17:32|
  2. 感じたこと
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

舞台

先々週と先週に妖精たち(お茶女の大切な仲間)の舞台を観て来ました!
セッションハウスのマヤの公演と東京芸術劇場でのみ~やんの公演
みんな卒業後もそれぞれの方向性でダンスを続けていて、いつもお知らせメールありがとう!
なんせ、仕事と自分の公演のリハでなかなかみんなの観にいけなくて、当日までねばってリハがはやく終わったら観に行くみたいな感じなのです。なかなかみんなのに行けなくてごめんね。
でもいつもすごい刺激をもらうよ。マヤはダイナミックな動き+また跳躍力がさらにパワーアップしていたような(笑) み~やんは抜群のスタイルを生かしてすごいキレイなラインが流れててふたりともまたさらに上手になってました!

ということは…
また自分のダンスに焦りをおぼえる…

あぁ~
もっと練習しなくては!!
メルパルクで大恥をかいてしまう(涙)
この時期はプログラムの原稿チェックやいろいろ準備が多いんです。。(言い訳ですよね。)
でも一生懸命がんばりますので、こんな私をよかったら観に来てください。
今回の公演ではプログラムの売り上げの一部をプランジャパンに寄付させていただき世界の子供達のために役立てて頂きます。
ダンスを通して世界のこどもたちのためにすこしでも何か役立てる事をする。
これはわたしの夢で、今回の公演で実現し、実際に活動することができて本当にうれしいです。
これからも少しずつ続けていけたらいいなと思っています。
皆様ご協力よろしくお願いします!!
                                   GetAttachment.jpg




  1. 2008/11/02(日) 21:09:47|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

プロフィール

山口華子

Author:山口華子
HANAKO YAMAGUCHI
スイスでの生活を中心に、思いついたら書いて行きまーす。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (49)
お知らせ!! (5)
感じたこと (6)
感動!! (20)
感謝です! (7)
残念なこと (6)
仕事のこと (5)
旅です! (1)
マイライフ (49)
新年 (1)
ダンス (128)
人と (1)
出会い (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。